HOME | プロダクト | パテントパッケージ | ペーパーウッドボックス

 
 

Hot Mold Press Box 熱絞り容器 ペーパーウッドボックスHot Mold Press Box 熱絞り容器 ペーパーウッドボックス
  
 
ペーパーウッドボックス

 
ペーパーウッドボックス

 

フタは熱絞り本体は木製箱

紙と木とのコラボレーション。

ペーパーウッドボックス     Paper Wood Box 
   
フタ部分特許認証
<発明者> 蔵前産業株式会社 大原康弘 / アイパックス イケタニ株式会社 金指恵司   


 
紙製の深絞り加工を施したフタに木製の本体を装着させたパッケージ。紙製だけのパッケージでは表現できない部分を木の風合いを加味させ、フタが紙製のため多彩な印刷表現が施せる。木製のお弁当用、および和風系の用途から洋風食材などのさまざまなパッケージに使用用途を広げる表現を持たせた。特に紙フタは技術開発している板紙を深く絞る加工技術により、フタとしてのプロダクト機能が生まれる。また、フタの縁部分にさまざまなカッティングを施して独自性のあるプロダクト表現が可能。そのラインにより雰囲気が変わる。本体はワッパ、折箱などを製造する木製容器業界マイスターとの共同開発パッケージ(板紙名 KGボード7)

2015年 8月 静岡県経営革新計画承認事業となる。

 
 
 
熱絞り容器熱絞り容器
熱絞り容器 
ペーパーウッドボックス ペーパーウッドボックス
ペーパーウッドボックス
玉手ボックス玉手ボックス
玉手ボックス
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス
ペーパークリアー
ペーパークリアーカンペーパークリアーカン
ペーパークリアーカン
ドームカンドームカン
ドームカン
フレームインボックスフレームインボックス
フレームインボックス
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス
ヒートシールボックス
シュリンクボードシュリンクボード
シュリンクボード
サークルスタッキングシステムサークルスタッキングシステム
サークルスタッキング
スクエアクッションスクエアクッション
スクエアクッション
キャラクターカンキャラクターカン
キャラクターカン
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス

プロダクト事例

Introduction of Product Case
 
 
 
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス
150mmΦサイズ

無地に装飾

NO,1

150mmΦサイズ、無地へのシール対応品。チーズ入れの様なナチュラルな雰囲気。洋風なアレンジもペーパーウッドボックスでも可能となる。

 
ペーパーウッドボックス ペーパーウッドボックス 
長方形の小サイズ

和風柄印刷1

NO,2

長方形の小サイズへ和風の印刷を施した。無地への装飾からよりオリジナル感のあるデザインを施し商品へのブランドイメージを上げ差別化させる容器へ

  
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス
正方形の小サイズ

和風柄印刷2

NO,3

正方形の小サイズへ和風の印刷を施した。本体木製容器はお弁当に利用されているもの。フタの深絞り成形技術を生かしたブランド商品化に。

 
 
フタ利用での本体規格品リスト

 
熱絞り容器 ペーパーウッドボックス
長方形 小サイズ

 

長方形型の小サイズ。紙フタと木製本体の1セット。角が全てラウンドしており、やさしい柔らかさの表現が特徴。縦長の容器表現に。
(受注生産品。)
 
熱絞り容器 ペーパーウッドボックス
正方形 小サイズ

 

正方形型の小サイズ。紙フタと木製本体の1セット。角が全てラウンドしており、やさしい柔らかさの表現が特徴。(受注生産品) 
熱絞り容器 ペーパーウッドボックス
150mmΦサイズ

 

当社保有型の150mmΦドーム型の本体型をフタとして利用する。円形のふちはストレートカットから別注でウエーブカットも可能。洋菓子に雰囲気が良く合います。 (受注生産品)
熱絞り容器 ペーパーウッドボックス
今後の展開

(長方形のと正方形の大サイズ) 

長方形の大サイズと正方形の大サイズはまだ本体の木製型が存在しておりません。今後の受注状況により追加されることがあります。 
 
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス
 
 
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス
 
 
熱絞り容器 ペーパーウッドボックス熱絞り容器 ペーパーウッドボックス

ペーパーウッドボックスは紙製のフタを利用して
木製の本体と合わせるパッケージ。

※受注生産品となりますが、青〇印の型が現在木製本体規格として存在しております。
上段の左から1番目の長方形の小サイズと上段左から3番目の正方形の小サイズ、
下段右から2番目の本体利用の150Φの3サイズが現在木製本体の規格を保有しております。
 
画像無印の長方形の大サイズと正方形の大サイズ2点は現時点で規格品にはなっておりません。
<今後それらを別注される場合のフタサイズ>
長方形のフタ大サイズ→200x140x30mmH 正方形のフタ大サイズ→200x200x30mmH
木製本体の数量、深さサイズ等は都度ご相談下さい。
まゆ玉型の本体木製は現時点では製造不可となっております。
 
本体木製品は現状のお弁当容器として利用されている容器です。食品直接入れが可能です。
また、フタ紙材も食品地下触れが可能な板紙を使用しております。

 
 
ペーパーウッドボックス サイズ表 

現時点での木製本体の規格が存在するサイズ
製 品 名  長方形 小サイズ  正方形 小サイズ 150Φサイズ
フタサイズ  203x77x30mmH 155x155x30mmH  150x150x30mmH 
本体サイズ 200x75x50(内45)mmH 152x152x50(内45)mmH 147x147x50(内40)mmH
フタ 使用板紙  KGボード7  KGボード7 KGボード7
本体 使用材料 ファルカタ材2mm厚 ファルカタ材 2mm厚 木材1mm厚
1個当たり重量(セット) 40g  50g  50g
梱包数量
 フタ300入れ 
本体160入れ+140入れ
フタ600入れ 本体200入れ フタ180入れ 本体140入れ
最低受注ロット
1,200個 1,200個 1,260個

 

※本体は木製で上記既製サイズのみ規格品となっております。その他数量、納期により別注サイズでの対応も可能です。ご相談ください。
★既製品での在庫販売はしておりません。上記表の最低受注数量からの都度製造となります。

★ご発注数は熱絞り成形の成形後に安定形状をさせるためケース入り数単位で割り切れる数量でお願いしております。

★食品対応の板紙フタと木製本体を利用しておりますが、フタには耐水耐油効果はございません。利用状況でのテストをお願いします。 
★オリジナルデザインの場合、立体的な事前サンプルにてデザイン形状をご確認頂けます。また当社デザイナーによるデザインも承ります。
★納期は都度ご確認ください。数量、加工方法、時期により変化いたしますがおよそ4~5週間前後、国内製造。

パンフレットダウンロード

 
ペーパーウッドボックス 

About Paper Wood Box
熱絞り容器 ペーパーウッドボックス熱絞り容器 ペーパーウッドボックス

ほぼ垂直に板紙を深絞り成形することが出来なければ
ペーパーウッドにはならない。

ペーパーウッドボックスの特徴は紙フタがほぼ垂直に成形されていることにより木製
本体との密着がありパッケージとして成立することです。
いわゆるフタが開いていない状態を保ち、なおかつある程度の深さを可能としたことです。
この技術が本当の意味でのオンリーワンな深絞りです。(成形技術特許取得)
(画像の様にフチに装飾カットも施せます。) 


 
 

熱絞り容器 ペーパーウッドボックス熱絞り容器 ペーパーウッドボックス

本体は木製の容器

木と紙のコラボレーションでとても優しい雰囲気を演出できます。本体はお弁当食材にも利用されている容器で食品を問わず洋から和まであらゆる商品のパッケージコーディネイトが可能です。

環境対応型容器
ココウッド
ココ・ウッドを利用しております。

 <ペーパーウッド本体木製容器(ココ・ウッド)についてのPDF>



 

熱絞り容器 ペーパーウッドボックス
熱絞り容器 ペーパーウッドボックス熱絞り容器 ペーパーウッドボックス
 

四季の植物を二十四節にデザインした。

 

熱絞り容器 季節の二十四節シリーズ熱絞り容器 季節の二十四節シリーズ
 
プロデュース:蔵前産業株式会社 大原康弘
ディレクション:アイパックス イケタニ株式会社 金指恵司
デザイン:アイパックス イケタニ株式会社 稲葉光弘
 
 
<春>3月:菜の花・たんぽぽ、4月:桜・つつじ、5月:藤・あやめ。
<夏>6月:ゆり・あじさい、7月:あさがお・くちなし、8月:ひまわり・ほおずき。
<秋>9月:なでしこ・りんどう、10月:きんもくせい・コスモス、11月:いちょう・もみじ。
<冬>12月:すいせん・椿、1月:松・なんてん、2月:梅・福寿草。
 

※こちらの二十四節シリーズは在庫品ではございません。
都度1,200個以上入り数単位での製造販売となります。

 


 
熱絞り容器について

About Hot Mold Press Box
 

 
 

印刷:オフセット印刷による曲面を生かしたデザインを。

東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型
和柄、洋柄、キャラクターなど平面パッケージに無い表現が可能。

 
オフセット印刷による多彩な印刷が施せます。通常平らな面にデザインすることが多いパッケージデザインですが、熱絞り容器は曲面が有り、それを生かしたデザインでアイキャッチ効果の高いパッケージに仕上げることができる。印刷はフタ及び本体にもかけることが出来ます。使用される板紙は熱絞りに特化したKGボード7でほどよいマット感が特徴となっております。箔押しは熱での劣化がありますので位置や面積などテストが必要です。エッジ部分にベタ印刷を持ってきますと熱と圧力により擦れが発生しやすいので事前テスト品にてご確認ください。 印刷はKGボードの特性を知る自社工場印刷オペレーターにより施されます。

装飾品:無地の状態でゴム紐等の装飾にタグを差し込むだけでも良し。

東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型
印刷をしないプレーンの状態での装飾仕上げも良し。

      画像引用:銀座シックス 旬菜三山様
 

熱絞り成形は印刷をせず、無地への装飾でも十分に存在感を表現できる。画像の銀座シックスへ出店されている旬菜三山様のパッケージはシールと差し込み薄紙印刷物とゴム紐にて見事に装飾し、その存在感で売れている事例だ。他に入浴剤メーカー様もシールと止めゴム紐で表現している。コスト的にも印刷よりも安価に表現できる場合があるのでデザイナーとともにクリエイトして頂きたい。アイデア次第で幅の広い表現が展開できる。

材質について:KGボード7

東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型
より独自な開発をするなかで世に無かった板紙も作った。

熱絞り容器を開発していく中でより目的に近づくために材料の開発も必要だった。プラスチックを含まずに深絞り成形しても元に戻りにくい世に無かった板紙を作り出すことは困難を極めたが当時の製紙、包装産業に従事するマイスター達が多くの知恵と経験を注ぎ込んでくれた。印刷仕上がりは程よいマット感があり、成形するとピンポン玉と同じ音を発し、硬く成形変化され成形戻りを防ぐ。「KGボード7」という板紙への命名には開発者達だけが知る開発コードが含まれている。しかし現代では予想だにしない板紙の開発はもはや皆無といえる時代に入った。日本産業界の大きな問題であると思う。KGボード7を使った成形加工特許は当社と蔵前産業(株)が2017年9月に取得し、同年11月には蔵前産業(株)の大原氏が板紙と布を貼り合わせての熱絞り成形の特許も取得した。 

インキ擦れなどの耐圧の開発途上:インキと表面加工の開発

東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型
金型で熱成形をする中での耐性開発は今も続く。

熱せられた金型で平らな紙ブランクを数トンの力で成形する時に多くの負荷がかかる加工方法であるため、印刷されたデザインへの高い耐性が求められる。黒系や濃いめのベタ印刷では画像のような擦れが発生する。初期段階からは数段上の耐性を完成させたが、さらにその耐性を上げて行く開発をする。これらのデザイン上の特性は受注時に過去前例サンプルを元にアドバイスさせて頂きます。また下部画像は深さ部分になりますが、絞り加工時に発生する「しわ」は極めて目立たないものの、そのような部分に柄デザインを入れますとグラフィックの繋がりが途絶えてしまう事になります。下部画像右は白地に柄ですので比較的目立たないデザイン設計になっております。

東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型
東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型

この容器への想い:マイスター達の底力。

東京 箱 紙器 パッケージ 熱絞り容器 まゆ玉型
独自な開発は困難なものなのか?

本当に最近様々な製造業界から聞かれる技術や知識、経験を持ったマイスター達が引退して行く問題。この紙関連業界でも同じことです。自分もこの世界に入って素晴らしい仕入れ先の大先輩から学ぶことが多かった。だから壁がくれば遠目から聞こえる無理だという雑音にも耳を貸さなくてよかった。とにかく失敗ができない、チャレンジができにくく、結果だけを急ぐ世の中のシステムになった。このまま行けばコスト競争だけの魅力のない企業であり業界になり、当然人が集まらないため魅力のあるクリエイティブな人材は入社してこないですし育たない。イコール、永遠の繁栄はできない。そんなチャレンジ魂を持ったクリエイティブな人たちが、ここ数年製造業企業から必然と消し去られた。また、その背中を理解して押す人も少なくなった。そんな中で今回の開発に最後のマイスター達の底力を見た。この容器は1社だけではできない、開発各企業の代表達が今までの経験と知識で数々の壁を乗り越えて行ってくれた。無理だと言わず、必ず解決策を提案して、しかも自信たっぷりの笑顔で・・・。おそらく部外者が聞いても話の内容はもう理解できない領域まで入っている。仕事は面白いと感じる一瞬だ。こんな容器が2017年10月にグッドデザイン賞を受賞した。グッドデザイン賞60年の歴史の中で唯一、食品メーカーの包装パッケージではない、化粧箱単体にて受賞するという過去前例の無い受賞となった。主任審査員からも後日の審査報告会で出席者に対して題材に出し発表してくれた。「ここ数年パッケージデザインの変化は四角い形状に対してロゴマークを変えたり、ホロ箔を貼ったりと変化が無い中、それとはまったく違う次元の熱絞り容器はエッジの美しさ、材料、加工技術の進化としてのテクノロジーを見た。」と言って頂いた。開発関連企業のマイスター達が感動した一瞬でした・・・そして2017年グッドデザイン賞を受賞と同時期にこの容器の製法が特許認証された。
 
 
 

熱絞り容器熱絞り容器
熱絞り容器 
ペーパーウッドボックス ペーパーウッドボックス
ペーパーウッドボックス
玉手ボックス玉手ボックス
玉手ボックス
ペーパーウッドボックスペーパーウッドボックス
ペーパークリアー
ペーパークリアーカンペーパークリアーカン
ペーパークリアーカン
ドームカンドームカン
ドームカン
フレームインボックスフレームインボックス
フレームインボックス
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス
ヒートシールボックス
シュリンクボードシュリンクボード
シュリンクボード
サークルスタッキングシステムサークルスタッキングシステム
サークルスタッキング
スクエアクッションスクエアクッション
スクエアクッション
キャラクターカンキャラクターカン
キャラクターカン
<グッドデザイン賞 審査員コメント>
紙成形の手法は多く存在しますが、このパッケージのエッジの美しさ、展開性は素晴らしいと思いました。紙パッケージがこのようなテクノロジーによって進化し続けてほしいと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

熱絞り容器 ペーパーウッドボックス熱絞り容器 ペーパーウッドボックス
 
The work of the package is nice and pleasant.
 

FIND ITEMS

サイト案内