熱で封印する箱 ヒートシールボックス熱で封印する箱 ヒートシールボックス
 
  

 

熱で封印する。

熱で封印するから今までに無い形状が可能。
差し込みが存在しないパッケージを。

ヒートシールインボックス    Heatseal in Box 
 
特許認証
<発明者> アイパックス イケタニ株式会社 金指恵司
ヒートシールボックスは当社の商標登録です。


熱で封印するパッケージ。板紙の裏面に特殊な食品対応ニスを全面塗布。裏面と裏面同しを合わせて熱を加えると接着する。代表的な形は牛乳パックタイプ。このシステムによりパッケージにおけるプロダクト化の幅を広げる。店頭やバックヤードで簡易熱シール機にて瞬間封印。両面テープや、シール止めは必要無い。簡易シーラーの市場価格は約3万円~6万円前後。このシステムによりパッケージデザイナーのプロダクト思考に不可能だと思われた形状が可能となり、プロダクト設計の自由度を広げた。現在、自動充填させるライン機械化を推進中。機械コストは初期投資で掛かるが、そのあとの作業、付帯品の軽減など総合的なコストダウンが予測される。アイデアしだいで視野が広がるパッケージ。熱で封印させる板紙パッケージの汎用販売は他にはない。
(液体、粉物での直接利用は不可。両面から熱のでるシーラーで約1秒で接着可能) 
 
2013年度 静岡県地域産業総合支援事業認証。

 

 
 
プロダクト事例のご紹介 

Introduction of Product Case
 
 
 
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

MILK PACK

牛乳パック型

NO,1

ヒートシールインボックスの中では一番人気のある形式。上部がヒートシール封印、底はワンタッチ底。ヒートシールでよりリアリティに。菓子類からバラエティグッズまで幅広く利用できる。

 
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

BASIC HEATSEAL

上下封印ベーシック型

NO,2

上下ヒートシールのベーシックタイプ。ヒートシールは2か所になってしまうが、袋とパッケージの中間ほどの柔らかさを表現している。取り出し口は胴体の中央にも設置が可能。アイデア次第で様々なパッケージに利用できる。画像はヒートシール部分に穴開けの吊るしタイプ。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

TRIANGLE BOX

三角フェイス型

NO,3

正面が三角フェイスのヒートシールインボックス。比較的背が高い製品への表現として利用される。ヒートシール部分は上部。ジッパーで開封する。底はワンタッチ底。丁度正面に三角フェイスが位置してのアイキャッチ効果。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

CANDY 01

キャンディー型01

NO,4

キャンディー型のヒートシールインボックス。小さめでフワッとした可愛らしさを表現している。ヒートシール部分は上下2か所となり、ジッパーオープン。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

CANDY 02

キャンディー型02

NO,5

キャンディー型のヒートシールインボックス。こちらのタイプは胴にカーブを付けて独特な雰囲気を出している。ヒートシール部分は上下2か所となり、ジッパーオープン。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

CANDY 03

キャンディー型03

NO,6

キャンディー型のヒートシールインボックス。キャンディ感のリアリティあるタイプ。これも胴にカーブを付けて独特な雰囲気を出している。ヒートシール部分は上下2か所となり、キャンディの絞り具合をカットで表現している。ジッパーオープン。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

PURSE BAG

巾着袋型

NO,7

巾着袋タイプのヒートシールインボックス。底はワンタッチ。03のキャンディと同じように上部のヒートシール部分に巾着の絞った部分をカットで表現。リボンを付けても良い。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

TETRA

テトラ型

NO,8

テトラタイプのヒートシールインボックス。懐かしい飲料パックの形だ。ヒートシール部分は2か所。ジッパーオープン。穴を開けて吊り下げも可能。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

SHAKE BOX

ゆれるタイプの型

NO,9

底がラウンドしているためゆらゆらと揺れるヒートシールインボックス。ヒートシール部分は上部の1か所。ジッパーオープン。開くと皿のように四方に広がる特性がある。 

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス
YAKKO

やっこ型

NO,10

やっこ型のヒートシールインボックス。ヒートシール部分は上部1か所。底はワンタッチ底。他との差別化の形。摘まんで引き上げやすく手に取りやすい。ジッパーオープン。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

SIDE PILLOW

サイドピロー型

NO,11

上下ヒートシールのタイプ。ウエストがピローケースのようにRを描いている。ヒートシール部分にウェーブカットを入れ、アイキャッチ効果を入れている。ジッパーオープン。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス

PANEL TOP

パネルトップ型

NO,12

キャッチパネルを上部に持ってきたヒートシールインボックス。カッティングを入れてアイキャッチをする。底はワンタッチ。ジッパーオープン部分はさまざまな所に設置可能。 

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス
EXHIBITION NO,1

展示会にて NO,1

NO,13

ギフトショー展示会にて、ヒートシールインボックスはバラエティに富んだデザインが可能。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス
EXHIBITION NO,2

展示会にて NO,2

NO,14

ギフトショー展示会にて、ヒートシールインボックスはバラエティに富んだデザインが可能。

  
ヒートシールインボックスヒートシールインボックス
EXHIBITION NO,3

展示会にて NO,3

NO,15

ギフトショー展示会には定期的に新パッケージの発表の場として参加しております。

 
ヒートシールインボックスについて

About Heat Seal in Box
  
ヒートシールボックスヒートシールボックス

 
 

パッケージへのひとつの封印方法。
糊、テープ、差し込みが不要となる。

ヒートシールインボックスは箱の裏面と裏面同士を熱で接着封印が可能なパッケージシステムです。よって箱の入り口を差し込みでロックしたり、糊、テープが不要となる。それにより今まで可能でなかった見え方が可能となります。たとえば牛乳パック型は今までは差し込みを設計し口が開くのを防止していたが、完全封印は出来なかったのでシールで再度封印強度を増したりする手間が掛かっていたがヒートシールインボックスはヒートシーラーで接着させ口の開きを防止するため、差し込みもシールも不要となる。(液体、粉など直接の充填は出来ません。軟包装に入れご利用下さい。)
   
 

 
                 <過去利用された顧客からの声> 
     ●合わせ部分は多少1mm以内ほどでズレてしまうが慣れてくると スピードアップできる。 最初ズレ無いように手を添え
      一部のみを位置を決めて仮止め、 その後、手を放して 全面本止めをすると 綺麗にシールできた。
     ● 店頭でヒートシール加工をして販売した事があったが、顧客が珍しいらしくアイキャッチした。
     ●大量のシーズン物を加工しているがシール止めの時間が無く、残業時間が減少して人件費 でのコストダウンができた。 またシール資材代も不要となった。
 

  
 

ポイントは当社からの納品は底と胴貼りをした状態で納品される事。
ヒートシールする部分は製品を入れる入り口のみ。
このポイントによって見せ方と機能が増す。

ヒートシールインボックスは当社で糊で貼れる部分は貼り加工をして納品されます。(ワンタッチ底等)よって平らな畳んだ状態で納品することができる。粉物、液体など食品等を直接入れる事はできません。軟包装などに包装してからの封印となります。特許部分はこの当社で貼り付けて納品できる事です。(紙器で利用される酢酸ビニール系の糊で接着が可能で牛乳パック形式など底と胴を当社で貼り付け納品することができる事がポイントです。ヒートシールするための通常のポリエチレンを塗布しただけではこの効果を求める事ができないため、接着ができません。)画像のポイント部分は当社で糊貼りする部分です。牛乳パックタイプは底がワンタッチ底で密封されていない状態ですが、熱封印箇所を上下2か所設けた上記NO,2タイプでは密閉性がそれよりも高くなります。量が多いライン生産の場合でも熱シールする部分をラインに設ければヒートシールインボックスでのスピード生産も可能となります。
 


 

ヒートシーラーヒートシーラー

ヒートシーラーによる接着。

ヒートシーラーにて1秒ほどで熱接着して行きます。
ヒートシーラーの市場価格は3万円~6万円ほどです。
上下から熱を発するタイプが接着時間が早くお勧めです。
(画像は富士インパルス社製)
 


 
 
 

 
 

ヒートシールボードについて

About Heat Seal  Bord
ヒートシール 箱
 
 
 

裏面と裏面同士を合わせて熱で接着封印する。

ヒートシールボードは現在270g/㎡の1パターンの厚みのみ通常在庫をしております
通常のパッケージ利用の板紙としては少し薄い感じとなり、箱と袋の中間的な感覚を表現しています。
その他の厚みやベース板紙では別注製造となり量が必要となりますが可能です。
塗布されているヒートシール材はポリエチレンを主材とした溶剤で食品対応品ですが液体や粉物を
直接入れるには形式的に不可となります。軟包装に入れた形で入れてください。
外側には箔押し、PPラミネートなどの通常パッケージ利用での装飾は可能です。
(一部特殊な印刷表現などをヒートシール部分に施すと熱で劣化する場合もございますのでテストが必要です。)
 


 
 
 


               ★ヒートシーラーは上下から熱の出るタイプが接着が早いのでお勧め致します。
               ★既製品でのパッケージ販売はしておりません。全てが受注生産となります。
               ★ヒートシール機能が御社製品に合うかはテストをお願いいたします。サンプル製作を承ります。

 このページはパテントパッケージ内の「ヒートシールインボックス」です。

 

 

 
 
 
   
 
 
 

            ヒートシールインボックスの熱封印を味方に。

 
 
 
 
 
 
  
 
   
 
 
 
 
 
 
 

 
The work of the package is nice and pleasant.
 

FIND ITEMS

サイト案内