封筒の緩衝材 ポストイン
  
 
封筒の緩衝材 ポストイン
 
封筒の緩衝材 ポストイン

 

封筒用簡易衝撃保護材。

宅配時の商品を安価に衝撃から守る。ポストインの時代へ。

スクエアクッション    Square Cushion  
 
特許認証 
<発明者> アイパックス イケタニ株式会社 金指恵司 / 楽天株式会社 山田裕康 金木哲弥
2社による共同開発


パッケージでは無く、緩衝材的な役割をするプロダクト。段ボールシート封筒での輸送で商品を破損から低コストで守る役目をする。商品によっては化粧箱をやめ、直接封筒に入れられるため化粧箱が必要にならずコスト削減の戦略が組める。楽天株式会社と共同開発、流通内での破損返品を極力減らすためのプロダクト開発。ウエーブシート状の片段シート封筒のウエーブや枠壁片を安定させる素材形状により、この保護枠が程よく密着固定され、柔らかい段ボールシート封筒に紙枠だけの低コストで強度を増す結果となる。通常細いスリーブ輪は機械で貼り付け、輪にすることが出来ないがそれを機械にて輪状に貼りつけ加工が可能な製法とし大量生産を可能とした。また、板紙材質や薄目の段シートのため、広告、注意書きなどの印刷が施せる。作業には手作業も入り、産業の縮小化される中、雇用確保のための社会的貢献も含まれる事業となる。人手不足の中、これから始まるポストイン時代に最大限の力を発揮するプロダクトとなる。東京営業所ではこの様な事例のもと、多様化、進化する産業界で既成品では対応しきれない問題点を解決するため、企業より依頼を受け包装開発を推進しております。

 楽天株式会社との共同プロダクト開発。共願特許認証。

 

 
スクエアクッションについて

About Square Cushion
 
特許認証事例としての報告
封筒の緩衝材 ポストイン

コストを掛ければ破損は防げるがこのシステムは
極めて安価に達成させることがポイント。

通販の成長によって物流業界もそれに牽引され小口の配送品が増加した。大手通販業は日々のパッキング出荷量も巨大に膨れ上がり、段ケースや段シート封筒へ商品をパッキングするオートメーション化も加速した。それに伴い、配送品の破損返品の問題も物流業界で浮上してきた。当然その問題はコストを掛ければ解消できるが、巨大な発送点数を毎日出荷している中で、当然コストダウンをしなければならない。その時期に楽天株式会社より共同開発依頼が当社に入った。求める事は極めて安価な方法でパッキング作業の流れスピードを落とさず封筒送付での強度をアップし、破損返品を減らす方法だ。私どもはパッキング現場に入り問題点の解決に臨んだ。そしてこのシステムを考案し、特許取得に至る。(楽天株式会社との共同出願取得)
 

 
封筒の緩衝材 ポストイン

ウェーブがある段シート封筒で
特に力を発揮する。

極力コストダウンするために、形状は枠のみで極めて材料を使用しない。強度アップの極限だ。枠本体だけでは到底強度を増す事は出来ないが封筒包装材に利用されている段ボールのウエーブを利用することにより強度を上げる事がわかってきた。作業スピードも1パックごと約1.5秒だ。流れ作業を現状から停滞させる事はなく、破損返品は激減した。考案の閃きは、地元地域の祭りで担当した輪投げ遊びだった。


封筒の緩衝材 ポストイン

これからのポストイン時代に向けて。

昨今では宅配業界での人員不足で運賃が大幅に値上げされた。それには受取者不在のための再配達の問題も浮上してきた。メール便でのポストインができればそれが軽減できる。しかしポストインするにはサイズの問題が最大の壁となる。また破損を恐れて緩衝材を強固にすればコストが掛かる。半面安価な物では破損してしまう。緩衝材によるサイズアップとゴミ処理の環境問題にも発展してしまう事もある。スクエアクッションはサイズ変化と小間割りの設計も簡単にできる特徴があり、説明、宣伝の印刷も可能なこれからのポストインの時代に必要となるアイテムになる。
 


          ★このシステムは販売品ではなく、開発事例としての特許認証事例です。封筒内利用にて製造するには楽天株式会社との協議により行われます。
          ★アイパックス イケタニ株式 東京営業所では企業からの包装問題点を解決するための提案をしております。 


 
 

  このページはパテントパッケージ内の「スクエアクッション」です。

 

 

      これからのポストインの時代へ!安価に安全にお客様へお届けする。

 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
The work of the package is nice and pleasant.
 

FIND ITEMS

サイト案内